おまとめローンを即日融資してもらう方法とは

おまとめローンは基本的に審査に時間がかかる

おまとめローンとは、複数の金融機関から借りている借金を1社にまとめることで、金利や月々の返済額を減らすための借り換えローンのことをいいます。
おまとめローンは、申込者がすでに多重債務者であること、借金を一本化することで融資額が高額になることから、通常のカードローンより審査が厳しくなっています。

そのため、他では不要な収入証明書の提出が必要だったり、在籍確認のために勤務先に電話がかかってくることが多く、どうしても審査に時間がかかることが多いです。

その結果、融資の申し込みから実行までに、長いところでは1カ月近くかかることもあるのです。

ですが、多重債務に陥っている債務者にとっては、1日も早くおまとめローンで借金を一本化し、月々の返済額を少しでも減らしたいと思うものです。

そのため、即日可能なおまとめローンはないのかと、思う人もいることでしょう。
基本的には、おまとめローンという名称の金融機関の場合、即日融資はできないと思って間違いありません。

ですが、おまとめローンでなくても借金を一本化し、即日融資を受けられる方法はあります。

即日融資可能なフリーローンで、借金を一本化するという方法も!

それは、即日融資が可能なフリーローンを利用して、借金を一本化することです。
即日融資が可能なカードローンは、銀行にも消費者金融にもあります。

総量規制対象外の銀行カードローンなら、高額融資も可能です。
即日融資が可能なカードローンの例をあげてみると、「三菱東京UFJカードローンバンクイック」や「三井住友銀行カードローン」「新生銀行カードローンレイク」「みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン)」「イオン銀行カードローンBIG」「オリックス銀行カードローン」「モビット」「プロミス」などです。
どの金融機関を選ぶかの基準としては、審査に通りやすいかどうか、金利、利用限度額の高さなどです。

中でも、その後の返済を考えると、三菱東京UFJカードローンバンクイックを使って、借金を一本化するのがおすすめです。

とはいえ、即日融資を受けるためには、他社の借り入れが3件未満であることが基本条件です。

4件以上だと難しく、5件以上だと借金の一本化はほぼ不可能です。

また、まとめようと思っている借り入れが過払い金請求できる場合は、まずその手続きを進め、それ以外の債務をまとめることを検討することをおすすめします。
一度おまとめローンにしてしまうと、過払い金請求が難しくなってしまうからです。

よく検討して、金融機関を決めましょう。

おまとめローンをどうしても通したい人がすべきこととは?

おまとめローンの審査に通る人には共通点がある!

おまとめローンとは、複数ある借入先を1社にまとめて借り換えすることで、金利や月々の支払額を減らすことを目的につくられた金融商品です。
これは、顧客に一一方的に有利な契約になるので、総量規制外の銀行だけでなく、用飛車金融でも申し込みができます。

ですが、そもそも多重債務者が貸し付け対象になるので、審査に通るのは、それほど簡単なことではありません。
そして、おまとめローンの審査に通る人には、実は共通点があります。
それは、過去の返済履歴で滞納や未納をしていないこと、現在の借入残高が年収の3分の1以下であること、現在の借入件数が3件以下であること、勤続年数が5年以上あることです。

この条件を満たしていれば、どの金融機関でも、おまとめローンの審査に通る確率が高くなります。
そして、審査が通らない人にも共通点があります。

まず、勤続年数が短いこと、個人信用情報機関に事故の履歴が残っていること、借入件数や借入額、年収、勤続年数などを正しく申告しないこと、短期間に何社にも申し込みをすることです。

また、銀行カードローンには収入証明書不要とうたっているところもありますが、実際には提出した方が審査に通りやすいといわれています。
その際、直近の給与明細やボーナスの明細を合わせて提出するのがポイントです。

まず自分の属性をアップするために、できることは何でもする

では、おまとめローンの審査に通るために、申し込み前にできることは何かあるのでしょうか。

まず、金融機関の審査は減点方式が採用されていることを前提に、自分の属性を上げる努力をすることです。
パートやアルバイトよりは契約社員、契約社員よりは正社員の方が、属性は高くなります。

そして、おまとめローンに申し込む前に、1社でよいので完済実績をつくることです。
借入件数や借入総額が少しでも下がれば、属性はグッとアップします。

また、借り換えができたら、他社のカードローンをすべて解約することを伝え、実践することです。
それでもおまとめローンの審査に通るのが難しそうなら、借入限度額が高額な銀行カードローンに申し込み、借金を一本化するという方法もあります。

その場合、金利はおまとめローンより高くなることが多いですが、借り入れ後に返済だけが続くおまとめローンと違い、銀行カードローンは利用限度額内であれば追加融資を受けることが可能です。
その点も踏まえて、申し込み先を検討しましょう。