生活保護を受けるためには破産手続きが必要です

様々な事情で生活が苦しく、生活保護を申請しようと考えている人が増えています。
収入がなく貯金もゼロの場合はすぐにでも申請を出すことが可能です。
問題は借金がある場合です。
収入もなく生活が出来なくても借金があると、申請を出しても通らない場合がほとんどです。
生活保護は最低限の生活を保障する制度であり、生活保護費から借金を支払うことは違法になってしまいます。
借金がある場合は先に司法書士や弁護士に相談し、債務整理を依頼することが先になります。
依頼後過払い金で借金がなくなる場合や、残る場合は自己破産の手続きを進めます。
破産手続きが進んでいる事実が証明されれば、生活保護を申請出来るようになります。
依頼する場合は着手金など費用が発生します。
費用が工面出来ない場合は、法テラスの無料相談を受け、法テラスで紹介された司法書士や弁護士に依頼することです。
着手金などの費用も法テラスが立て替えて支払ってくれる制度もあるため、利用する人が多くいます。
立て替えてもらった分は毎月決まった額を返済して行く形になります。借金がある場合は手続きが色々と大変です。
破産が認められるまで時間もかかります。
借金があり生活保護を考えている場合は、早い段階で専門家の無料相談を受けることが1番大切です。