離婚した夫が自己破産した時の養育費

離婚をした夫が破産の申し立てをし、養育費を支払ってもらえない、という状況はよくあります。
自己破産は、収入に対して債務が多すぎて支払い不能と判断されれば、認められます。
申し立てが認められれば、背負っている債務はゼロになり、借金ゼロで生活を立て直すことができます。
しかし、離婚する時に取り決めた養育費や慰謝料が免責されてしまえば、妻としてはたちまち生活に困窮します。
このような場合、本当に元夫からお金をもらうことはできないのでしょうか。
破産が認められると、確かに債務は免責されます。
債務をなくして人生を立て直すための制度ですから、これは当然と言えるでしょう。
しかし、すべての債務が免責されるわけではありません。
悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権や罰金などは免責されません。
そして、子の養育費も非免責債権と規定されています。
つまり、離婚した夫が自己破産をしても、養育費をもらえなくなるわけではありません。
但し、算定表よりも著しく多い場合は算定表通りに見直される可能性が高いでしょう。
また、慰謝料については離婚の原因にもよりますが、悪意で加えた不法行為によるものと判断されることは難しく、免責される可能性が高いでしょう。