債務整理完済後のローンなどはどうなる?

債務整理の手続きを行うと、ある一定の期間は信用情報に金融事故として記載されるため、各種ローンなどの手続きができなくなります。
同様にカードローンやクレジットカードなどの利用や申し込みもできなくなるので、債務整理をするかどうかは慎重に決定しなければいけません。
債務整理は自己破産、個人再生、任意整理とありますが、破産に関しては全ての債務から免責を受けることになるため、完済ということはありません。
また、残った債務を完済してから何年後にローンが組めるかという考え方は誤りであり、正確には個人再生や任意整理の手続きを開始してからの年数となるため、借金を完済したかどうかはあまり意味の無いものとなります。
自己破産と個人再生はJICCやCIC、KSCといった各種信用情報によってことなりますが、手続き開始から5年間、最大で10年までは情報が残ります。
任意整理については受任開始から和解までの間に記載され、KSCには登録されず最大で5年間となっています。
ちなみに、信用情報から登録が抹消されても、各企業が保有する個別の情報に残ることがあるため、大口の融資や長期的な返済を目的としたローンが組めない場合もあるので注意しましょう。