近年、パソコンを1日中使う仕事が増えたり、何かとストレスが多い生活であったりと、目の下のクマで悩んでいる方は案外多いのではないでしょうか。目の下に出来る青いクマは、目の疲れやストレス等で目の周りの血流が滞り、酸素が少なくなる事で、目の下の皮膚が薄い為に静脈血が青く透けて見えてしまう事が原因です。つまり、青いクマの一番の原因として挙げられるのは、血流の悪さなのです。よく「タバコも目のクマの原因になる」と言われていますが、それはタバコに血管を収縮する働きがある為に、血行不良を起こす原因となるからです。もちろん、目の周りの血管も例外ではなく、タバコを吸う事で血液の循環が悪くなり、酸欠の血液が目の周りに滞ってしまう事になります。そう言った理由で、タバコを吸うと目の下に青いクマが出来てしまうのです。ただ、青いクマはタバコのせいばかりとは言えません。睡眠不足や目の疲れ、ストレス等も大きく関係しています。目の下の青いクマで悩んでいる方が、もし、タバコを吸っているのであれば、ストレスが酷くならない程度に出来るだけ本数を減らすか、出来れば禁煙する方向で生活環境を見直してみて下さい。禁煙する事で、目の下のクマが劇的に改善するかもしれません。また、禁煙すると身体の血流も良くなりますので、肌の調子が良くなったり、肌にツヤが出たりと、嬉しい事もたくさんありますよー